カテゴリー別アーカイブ: 未分類

接着ブリッジBible

image1.jpeg

マティアス_キャーン氏の接着ブリッジ書籍。iPhoneから送信

iPhoneから送信

蛍光性ジルコニアコーピングの絶大な効果

image1.jpeg image2.jpeg image4.jpeg

ジルコニアディスク自体に蛍光性が添加された3Mラヴァエステティックジルコニアのこの蛍光性は暗い口腔内ではかなりの効果を発揮します。フルジルコニアコーピング左が蛍光性が添加されたジルコニア、右が従来のジルコニア。左、蛍光性の無いジルコニアコーピングに蛍光性の強いヘラセラムを築盛。右は蛍光性の有るジルコニアコーピング。iPhoneから送信

インプラント・サイドスクリュー

image1.JPG image2.JPG image3.JPG image4.JPG

インプラント固定にサイドスクリュー
復位もズレず、オクルーザルコンタクトの回復にも有効です。iPhoneから送信

iPhoneから送信

コーヌスBr内冠作製wax up

image1_2.JPG image4.JPG image5.JPG image6.JPG image7.JPG image8.JPG

各支台歯のプレパレーションに合わせて、頬側のスペースやネガティヴ ヴィンケルの量を確認しながら1歯づつ角度を数値化しwax ミリングをかけます。着脱方向や内冠の厚みの条件により後方の3歯のネガティヴヴィンケルはこれ以上無くすことはできませんでした。

コーヌス内冠作製

image1.JPG image2.JPG

コーヌス内冠作製にあたり、支台歯の平行性は、必須になります。しかし、歯牙の方向やその他色々な条件により無理な場合があります。最近では、CAD/CAMにより画面上で簡単に角度を変更出来るようになりつつありますが、冠内面のフィットにはやはり不安が残ります。
そこで活躍する器材が、コーヌスシュリッテンです。アナログですが1歯づつ数値を決めネガティブヴィンケルを限りなく無くす事ができ、複数の支台歯でパラレルを取る事が出来ます。知っている人も少なくなり、廃れつつある技術ですが、信用に足る技術です。iPhoneから送信

接着ブリッジ

image1.JPG image3.JPG image2.JPG

ジルコニア接着ブリッジiPhoneから送信

CAD/CAM導入

image2_2.JPG image1_2.JPG

後先逆になりましたが、先月10月21日にkavo CAD/CAMアークティカを導入しました。iPhoneから送信

CAD/CAM

image7.JPG image6.JPG image5.JPG image2.JPG image1.JPG

先月に導入したkavoアークティカで初CADプロビジョナルレストレーションの作製をしました。材料はPMMAいわゆる即時重合レジンのブロックです。

舌側咬頭の接触をもう少し強くしたいのですが、これ以上高くすると咬合干渉を起こす恐れがあるので、要相談です。

対合歯触らないと改善しないかもしれません。iPhoneから送信

執筆

20140320_132058.jpeg

執筆中です!〆切がぁ〜Σ(゚д゚lll)iPhoneから送信

大阪にも大雪の影響が

20140214_083147.jpeg

iPhoneから送信