カテゴリー別アーカイブ: 未分類

大阪にも大雪の影響が

20140214_083147.jpeg

iPhoneから送信

CBD(セントラルベアリングディバイス)

20131223_170804.jpeg 20131223_170804_2.jpeg

2日間の修練会CBDドリルを、受講しました。咬合の可視化は大変大事です。しかし一般的に全くされていない
事が現状です。iPhoneから送信

大阪修練会例会

20131129_095832.jpeg

今回の大阪修練会例会は、前回に続き、林徳俊先生の立会いのもと、セントラルベアリングディバイス(CBD)とアルクスディグマ?を使用しての咬合採得の実習でした。歯科医師と歯科技工士の技術、知識の共有は欠かせないものです。iPhoneから送信

修練会総会

11月3日は修練会総会の日。
今回、第4回修練会総会が、開催されました。
第2回から、3回目の発表となりました。

iPhoneから送信

CAD/CAM

10/22名古屋kavoショールームで
KaVo ARCTICA CAD/CAM Systemの説明を聞いて来ました。

5軸加工機「KaVo ARCTICA Engine(エンジン)」と

計測器「KaVo ARCTICA Scan(スキャン)」で構成

されるオールインワン型システムです。KaVo ARCTICA Engineタッチディスプレイ搭載のコンパクトな加工機です。コンパクト サイズですが、KaVoEVEREST○R CAD/CAMシステムと同じく5軸加工システムを搭載しています。 また、マガジン式のオートツールチェンジャーには最小0.5mmの加工バーがセットされており、 簡単な操作で5軸加工で高精度な補綴物をスピーディーに製作します。

セラミック系をはじめとした豊富な加工マテリアルを、最大6本セットできるマガジンから最適の 加工バーを自動選択し、短時間・高精度で加工します。

海外では業界標準となりつつある、メーカーやシステムの垣根を越えてデータのやり取りができる 「オープンシステム」を採用し、様々なスキャナー装置で計測されたSTLデータ(CAD標準フォーマット)を取り込んで加工することもできます。

計測器「ARCTICA Scan」はストライプライトテクノロジーで素早く模型全体をスキャニングします。

セミオートマティック方式採用により、従来は難しかった「必要な部分を必要な回数だけ計測」 する設計を実現し、計測時間を短縮しました。また、デザインソフトウェア「multiCAD(マルチキャド)」 搭載により、誰でもスピーディーかつ簡単な操作で解剖学的形態や対合関係を考慮した補綴物 を自動設計できるようになりました。さらに「バーチャル咬合器機能」や「インプラント対応機能」 などのオプションモジュールでは、CTや顎運動計測器アルクスディグマIIとのデータ連携により 機能拡張もできます。

iPhoneから送信

PFM

_1.JPG _2.JPG

iPhoneから送信

HeraCeram

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_2.JPG

ZirkoniaiPhoneから送信

PFM

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

iPhoneから送信

PFM

20130921_023723.jpeg 20130921_023723_2.jpeg

iPhoneから送信

尾崎歯材デンタルショー

20130918_170824.jpeg

NEW技工用エンジン購入しました。